で、あなたはどうする?

自分の人生は、未来は、自分でデザインする。悩みを勇気と行動に変えるコーチング

「やりたいこと」がわからない理由

f:id:fuminolab:20170829135053j:plain

 

こんにちは、ライフシフト・コーチングのふみのです。

朝、起きたらスマホに見慣れぬアラート通知がありまして、心拍数の高めなタイムラインを見ながら、これを今見てるということは生きているということだ、騒げるのも生きているおかげだこの野郎、と思いながら迎えたマイケル・ジャクソンの誕生日です。

 

「自分のやりたいことがわからない」

と言う人は多いのですが、今朝は「我慢」という文字が降ってきましたので、「GAMAN」について書いてみます。過去の自分へ手紙を書くような境地だな。

 

かく言う私、かつては膨大な量の我慢コレクターでした。もちろん、今もあるよ。

 

「今はこんなことしてる場合じゃない」

というのは私にとって、幼少の頃からの強烈な呪文だったんです。「くうねるだす」以外のほぼ全ての煩悩を視界から消せる。なかったかのように麻痺させる、とも言う(笑)

まあ今思えば「我慢して頑張ってる自分」に酔っていた、酔いたかっただけなんだよね。

 

仕事休んで映画を見に行きたい!

何も予定立てずに海外旅行したい!3週間くらい

自己啓発本ではなく小説を思いっきり読みたい!

スイーツをバカ食いしたい!

子供を預けてエステに行きたい!

漫画をコンプリート買いして一日中読みふけりたい!

海に行きたい!山で暗くなるまで遊びたい!

「何もしないでダラダラ」をしたい!

 

 

このときにすかさず出てくる

「今はこんなことしてる場合じゃない」呪文は今でも超強力で、

転職してから、

大きな仕事が落ち着いてから

子供が大きくなってから

家族の○○が終わってから

TOEIC900超えたら

売り上げが目標を超えてから

有給休暇が取れてから

という感じで、湧いてきた欲求に「てから」の足枷をつけて瞬時に封印します。

 

そして最大のポイントは、実際にこれらが終わった後に、我慢した分、やりたかったことをたっぷり堪能したかというと、ほとんどその記憶がないんですね。

 

大きな仕事が終わったところで、既に次の仕事が始まっているし、燃え尽きてたり、疲労でいっぱいだったりで、やりたかったことへの熱も冷めてしまい、そもそも何をやろうとしてたか、覚えてなかったり

 

そうやって、日々の小さな「やりたいこと」にフタをし続けて、日々の「やりたいくないけど、やらなくちゃいけないこと」だけで一日が終わっていくと、結局、欲求が満たされていないから、その選択をした自分がだんだん嫌になってくる。こうなってくると、どんだけインスタ映えしそうな高級スイーツを食べまくったところで、何も変わらず、苛立ちと脂肪とレシートだけが溜まっていく。

 

仕事や家事など「やりたくないこと」が嫌になるのではなくて、「我慢してやりたくないことばかりやっている自分」が嫌になるのね。

 

 

人間の精神にも沸点というものがありまして、

「もう嫌だ!やりたいことをやって生きたい!」と爆発するのですが、

ここで急に

「ところで、私のやりたいことって・・なんだっけ?」

となるわけです。何をやりたかったのか、全く思い出せない。

 

以前の私は、毎日がこんな状態でした。

私のやりたいことって、なんだっけ・・?全く出てこない状態に愕然とし、目の前に山積みの「やりたいくないけどやらなくちゃいけない」ことを目にして更にイラ立つ。

この悪循環はやがて、体までも蝕んでいきました。人間の三大欲の一つである食欲を、胃腸の機能障害という形で、私から奪ったのです。

 

辛かったけど、でも「今、気づけてよかった」とも思った。

「今はこんなことしてる場合じゃない」→「てから、てから」によって日々の小さな「やりたい!」を封印し、我慢を毎日毎日、何十年も積み重ねていくと、それだけでは自分の中の「もう我慢したくないよ!出してよ!」という部分が顔を出してしまうので、「子供のために」「家族のために」「お客様のために」・・という美しいラベルを付け、さらに強力な重石で封印していたかもしれないから。

 

さらに自分の親世代を見ていて感じたのは、

我慢を何十年も続けて、自分が病気になるのも絶対に嫌だけど、

自分が何をやりたかったのか、わからない、見つからない苛立ちを周囲のせいにして、

「私はこれだけ我慢したのに!」

「あなたたちのために我慢してきたのに!」

と周りに鬱憤を撒き散らしながら生きることだけは、絶対にしたくないと思った。

 

自分が、ガマンの副作用を身をもって知ったからこそ、得られた財産です。

 

「やりたいことがわかりません」の人の話を詳しく聞いてみると

ライフワークになりそうな大きなものを「やりたいこと」として見つけなければならない、と思っている人が多いんです。だから見つからないんじゃないかなー。

 

日々の小さな「やりたいこと」を、一つでもいいから毎日、我慢せずにやる。そこで幸せをしっかりと噛みしめる。

 

なんだ、そんな当たり前のこと?

でもね、当たり前だと「頭ではわかっていること」って、意外とやってなかったりするんですよ。だって「いつでもやろうと思えばやれる」と思ってるでしょ?そして結局やってないんだよね。

 

そして、

どんな小さなことでも「やりたいこと」を一つやるんだったら、

どんな小さなことでも「やりたくないこと」を一つ、やめてみる必要があります。

これにもコツがあるのですが、長くなるのでまた別の機会に。

 

で、私はどうする? 

 

今から「ワンダーウーマン」を観に行ってきます!(笑)